アンチエイジングは何歳から??やるべき??

東京の大田区大森で

ダイエット&ボディメイク

「本命Body make」スタジオ

 

アンチエイジング大好きアラフォー

理系女パーソナルトレーナー マリです。

(初めましての方はこちら →  )

 

 

 

 

今日衝撃的な質問を受けたので

アップ!!

 

本命Body makeプログラム

ダイエット&ボディメイクに

アンチエイジング的要素をちりばめています。

目指すべきは美しく歳を重ねる身体!!

私自身も只今36歳、老化を緩やかにしたい^^

筋トレ 食事指導 パーソナル トレーニング

 

 

 

 

 

そこで

いただいた質問

「アンチエイジンってことは、

40代とか30代後半とかがターゲットなんですか?」

By 20代の女性♡

 

 

 

?!

いやもう本当に

衝撃的だった!!

 

 

 

 

 

そんな認識ですか??

’アンチエイジング’ってワード

(まぁ確かにワードが悪いかもしれない・・)

 

 

 

質問の答えからさせてもらうと

アンチエイジング的生活や身体作りは

20代から始めるべきだと思います。

なんならもっとベース部分はもっと早く!!

 

 

 

 

 

改めて考えてみたんです。

 

 

私自身が

’アンチエイジング’

’キレイに年を取る’

に興味を持ったのはいつだろう

 

・紫外線対策の日傘は大学生の頃に目覚めたし。

(山とか海で定期的にやっちゃいますがw)

 

・あご下、耳下腺からデコルテラインのリンパマッサージは

大学院のころからやってるし

 

 

すっごくストイックにやったのは、

27-29才あたりです。

(オーガニックとか、肌断食とか、オイルとか、調理法、電磁波etc・・・呼吸法とかハーブとか習いに行ったり、とにかくお金と時間を費やしましたねw)

 

 

 

 

 

おかげで

お肌や髪など褒められることが多いです。

 

 

何がいいたいかって

アンチエイジング的なことは

早くやるに越したことはない。

 

 

 

 

’若返る’ことや

’老いを止める’ことは

できないです。

 

だから

一番若い今の状態から

なるべく緩やかに年を経るようにすること!!

 

 

 

 

だから遅いも早いもないのです。

今、今、

本当に今!!

 

 

 

 

 

将来の自分へのご褒美として

アンチエイジングは考えるべし!!

 

 

 

 

 

(あ、ちなみに一周回って

そのあとはストイックではないです。

要領があるので、ポイントだけ押さえてた

でも、この一年はさぼりまくってるから反省!!)

 

 

 

 

 

 

本命Body makeプログラムに通われている受講生さまたちは

20代30代の方が80%を占めています。

この子たちがこの先

キレイに年を取っていってほしいと思って

トレーニングや食事指導をしています♪

(もはや母性みたいなw)

(もちろん、40代、50代の受講生さまも一緒

お肌の為の食生活などお伝えして

より美しいエイジングをサポートしたいと思ってやってます♡)

 

 

 

 

 

せっかくなので

次記事はアンチエイジングとダイエットについて私の気づき書こう!!

 

 

 

 

 

「女性としての人生楽しみませんか?」

受講生さまの変化を見る →→→ 

数値よりも見た目!!

本命Body makeプログラムで’身体作り’しませんか?

まずは体験から

☆花嫁準備&婚活中の独身女性はこちら→ 

☆既婚者のかたはこちら → 

 

 

 

 

 

身体が変われば意識が変わる

意識が変われば未来が変わる

 

 

 

 

 

品川区、大田区はもちろん

豊島区、千葉市、大宮

川崎市、横浜市、藤沢市からも通っていただいています^^

片道1時間半かけて来て下さる方がいるなんて改めて嬉しすぎ!

自己紹介:本命Body maker マリってどんな人?大学時代

こんにちは

東京の大森でパーソナルダイエットトレーナー

本命Body maker マリです。

(経歴自己紹介は《こちら》

 

私が本命Bodyを手に入れるまでシリーズで

(過去記事:私が本命Bodyを手に入れるまで:「太る」「ダイエット」??なに??)

意外とメッセージいただいた

大学と大学院で畜産を専攻していたこと

スピンオフとしてちょっとご紹介。

(飲んで太っただけではないのですよ・・・・・)

 

********

 

幼稚園からの夢は

「獣医さん」一筋でした。

それ以外考えたことがなかったです。

L・O・V・E「動物のお医者さん」

 

 

ただ、倍率恐るべし

見事「サクラチル」惨敗でした。

 

 

それでも

生物学が好き、動物が好き

※犬好き💛特にゴールデンレトリーバーラブです。

 

獣医のイメージに少しでも近い勉強がしたい。

という私に

高校の生物の先生が、

入試後期で進めたのが

 

「某国立大学の生物生産学部」でした。

(※2年次の希望で

 「畜産」「植物」「海洋」「分子」「食品」などコースが分かれます。)

 

結果、正解でした。

もちろん畜産コースに進んで。

 

解剖学、栄養学、生殖学、遺伝学、農場学?等々

まぁ、生物好きにはたまらない。

 

 

加えて、実習もわんさか

楽しい実習から、

もちろん胸が痛むものももちろんありました。

命(誕生~死)に向かい合うことが多い環境した。

※牛のお世話

※羊の病気予防点滴

 

 

ちなみに、

着床・妊娠を確認する。

牛の直腸検査は

全員「素手」で行うというのが

その時の先生のルールでした。

牛さんの体内を傷つけないように

爪、

学生全員 深爪ですよ。

腕が短い人は、肩まで入るんですよ。。。

そのあと、居酒屋のバイトに行ってごめんなさい。

 

 

 

※これは馬の世話と乗馬の体験授業

※牛の赤ちゃんは、なんでもお乳と思って吸ってきます💛

 

解剖学では、貴重な勉強をさせてもらいました。

特に私が所属した研究室は、

解剖学を授業で提供していたので

3年間は、解剖授業のアシスタントで学びました。

(大型家畜~小型鳥類まで)

 

 

この時の経験が

今、トレーナーとしても

活かせています。

身体の動きを見ながらも

皮膚の無い状態の

筋肉その
ものや骨そのものを

ビジュアル変換して見てます。

※極端に言うと骨格標本(骸骨)とかの映像を頭に浮かべる。

 

身体の構造については、

一生勉強していくものだと思ってますが

このビジュアル化できる

動物の動きと比較して考えたりするって

私特有のものかと思います。

 

 

私が大学~院まで所属した研究室は、

「家畜生体機構学研究室」です。

マクロ(筋肉、骨、臓器)からミクロ(細胞、遺伝子)まで

幅広く学べるところでした。

※ヤギの黒目は横向きです。

 

※豚さんかわいいですが、抱っこした時の鳴き声はゴジラです。

ぶひぶひではなく「ぴぎゃーーーーー!!」

 

ちなみに私の研究テーマはざっくり

鳥類の雄の生殖器官における自己防衛機能

を細胞培養や遺伝子解析で見ていくものでした。

(もう詳細は語れません・・・)

 

大学~大学院まで

本当に学びたいことを学べたことに感謝です。

そして、

それが今違う形で役立っていることに

びっくりな今日この頃。

 

 

でも、やっぱり身体というものへの興味はずっと一緒なんですね。

 

 

お客様

個人個人で違う身体がまた楽しい♪

お客様の身体作りは本当に一人ずつ違うんですよ!

パーソナルトレーナーとして

個々人の状態に合わせた

トレーニングの提案をして

女性が輝く瞬間に立ち会えるって幸せ💛

 

 

 

おまけ

※これは、大学時代仲間内の忘年会でギャルの仮装をした時。ひげマスク💛